妊娠中のストレスとの向き合い方・赤ちゃんへの影響は?【発散方法もご紹介】

妊娠中のストレスとの向き合い方・赤ちゃんへの影響は?【発散方法もご紹介】

ふぉる

私でも、ちゃんとママになれるかなぁ(._.)

妊娠中って、ただでさえ体の変化やトラブルが襲ってくるのに、気分まで浮き沈みしがちですよね…

涙もろくなったり、ネガティブになったり(>_<)

ずっとモヤモヤしているとストレスも溜まっていきますよね。

 

今回は、そんな妊娠中のストレスの影響と、発散方法をご紹介していきます☆彡

 

妊娠中のストレス

妊娠中は、様々な体調不良や体の変化によってストレスを感じることも多いですよね。

また、出産や育児に対する不安でネガティブ思考に陥り、さらにストレスが溜まる悪循環もよくあります。

そんなママのストレスは、胎児にはどんな影響があるのでしょうか。

 

ストレスによる赤ちゃんへの影響

ママが慢性的にストレスを感じていたり、大きなショックを受けたりすると、おなかの赤ちゃんにも悪影響が。

ストレスによるリスク
  • 後期流産のリスクの増加
  • 早産確率の増加
  • 生まれた後の赤ちゃんが、情緒が不安定・うつ・ADHDになりやすい

など、怖いリスクが沢山…(>_<)

 

そうはいっても、ストレスを全て排除するのは難しいですよね。

ここからは、ストレス発散方法についてご紹介していきます☆彡

 

ストレス発散法

趣味の時間を作る

自分が没頭できる趣味を作って、定期的に趣味の時間を作ると気分転換にもなっておすすめです☆彡

ただ、妊娠中ということは忘れず、体に負担の無い趣味を選ぶようにしましょう。

 

例えば、編み物やDVD鑑賞など、リラックスできるものがいいですね( *´艸`)

私は今自作マスク作りにハマっています笑

 

質の良い睡眠をとる

7~8時間の質のいい睡眠は、健康にも美容にも大切です。

心地よい眠りのために、寝具やアロマなど工夫してみるといいですね☆彡

 

声を出して笑う

声を出して笑うことで、ストレスを溜めにくくなったり気分が明るくなったりするそうです。

面白い動画や画像を見たりして、思いっきり笑う時間を作ってみましょう☆彡

 

たまには自分へのご褒美を

妊婦さんは、お腹で新しい命を休むことなく守り、育てています。

それだけですごいことなんです。

何かと我慢することが多い妊娠生活…

たまには、自分へのご褒美でおいしいものや欲しいものを買うと気分もあがりますよ♪

 

好きな香りでリラックスする

好きな香りを嗅ぐと、心身ともにリラックス効果があります。

自分が好きな香りを見つけて、楽な姿勢でゆっくり深呼吸してみましょう☆彡

きっと落ち着いた気分になれますよ(´▽`)

 

適度に体を動かす

適度な運動は、ストレス発散・リフレッシュにとても効果的です☆彡

マタニティヨガやマタニティスイミングに行ってみるのおすすめです!

時間がない場合は、天気のいい日にお外をお散歩するだけでも気分がすっきりしますよ(´▽`*)

 

※体調を第一に考え、心配な場合は産婦人科医に相談してから行いましょう。

 

最後に

ストレスは、妊娠しててもしていなくても体によくありません。

なるべくためない様に上手に付き合っていくことが大切です。

日頃からストレス発散して、母子ともに健康に過ごせるように心がけましょう☆彡