妊娠中に湿布を貼るのはダメ?妊婦の腰痛・肩こり対策と注意点とは?

妊娠中に湿布を貼るのはダメ?妊婦の腰痛・肩こり対策と注意点とは?

ふぉる

足腰がとっても痛い…(´;ω;`)ウゥゥ

妊娠中は、お腹の重みやホルモンバランスなどで、足腰の痛みが出てきやすい時期。

私も腰と足の痛みがずっと酷くて、階段の上り下りもつらい日々です…

 

そんな時に思い浮かぶ対策に湿布がありますよね。

しかし、妊娠中は湿布の成分にも注意が必要なんです。

 

妊娠中は湿布などの外皮用剤にも注意が必要

飲み薬などは、妊娠した時点で気を付けなければいけないとよく聞きますよね。

実は、湿布などの外皮用剤にも注意が必要なんです。

 

湿布は、皮膚を通して薬の成分が体に浸透します。

浸透した成分は、胎盤を通って赤ちゃんに届いてしまうのです。

 

よって、内服薬と何ら変わらず、湿布にも使用できるものと出来ないものが出てきます。

実際に、妊娠後期に湿布薬を使用し、赤ちゃんの心像付近の大切な血管を収縮させたという事例も。

 

飲み薬だけではなく、湿布薬にも妊娠中は注意が必要です。

 

腰痛・肩こりなどは産婦人科に相談を

腰痛や肩こりなどが酷い場合も、自己判断で市販の湿布薬を使用するのは非常に危険です。

痛みがあるときは、産婦人科に相談をして対策をしましょう。

自宅でマッサージをしたり温かいタオルを当てたりするのもいいですね。

 

また、妊娠中でも利用できる整体などもあるので、調べていってみるのも〇

心配な場合は、産婦人科に相談してから行きましょう。

 

最後に

私も妊娠するまで、湿布も注意が必要だなんて知りませんでした(;´∀`)

腰痛で悩んで、妊婦でも使えるのか検索した時は驚きましたね…(;´・ω・)

 

本当に制限や注意が多い妊娠中ですが、何かあったときは一生後悔するかと思います。

お腹の中の赤ちゃんを守れるのは自分だけ。

そのことをしっかり認識して、健康や安全に気を遣って過ごしましょう( *´艸`)