妊娠中は貧血になりやすい!?赤ちゃんにも影響が…【予防と対策】

妊娠中は貧血になりやすい!?赤ちゃんにも影響が…【予防と対策】

ふぉる

なんだか体がだるい…立ちくらみも酷い(´-ω-`)

ここ最近貧血気味で体がしんどい…

実は、ママが酷い貧血だと、おなかの赤ちゃんにも影響があるんです。

今回は、そんな貧血についてご紹介していきます!

 

妊娠中に貧血になる原因

妊娠すると、ママの血液量は増加する仕組みになっています。

しかし、血液中の成分も同じように増加するわけではないので、血液が薄まってしまうのです。

 

加えて、ただでさえ薄まった血液から、鉄分を優先的に赤ちゃんへ送られます。

上記の理由により、妊娠中は鉄欠乏性貧血になりやすいのです。

 

貧血の症状

貧血になると、様々な症状が現れます。

  • 全身の倦怠感
  • めまい
  • 息切れ
  • 動悸
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 顔面蒼白
  • 食欲不振

 

人によって症状も異なりますが、私は上記の症状にとても当てはまりましたね。

特に全身の倦怠感と、動悸が酷い…

 

皆さんも、当てはまる症状がないか、確認してみてくださいね!

 

おなかの赤ちゃんへの影響は?

ママが強い貧血になると、赤ちゃんに十分酸素が送られなくなってしまいます。

 

場合によっては、未熟児・低出生体重児・胎児死亡のリスクも。

貧血はけして甘く見てはいけません。

 

ママの快適な生活と、おなかの赤ちゃんのためにも予防・改善をしっかり行いましょう!

 

貧血を改善するには

鉄分豊富な食べ物を摂る

鉄分が豊富な食べ物や飲み物を積極的に摂ることが、貧血の予防・改善に繋がります。

  • ほうれん草
  • アサリ
  • レバー
  • 大豆

上記の食材には特に鉄分が豊富に含まれています。

※レバーは妊娠中の過剰摂取に気をつけなければいけないので、食べすぎには注意しましょう。

 

加えて、上記の食べ物と合わせてビタミンCを一緒に摂取すると、鉄の吸収がよくなります。

是非、ビタミンCも合わせて摂りましょう!

 

病院を受診する

常に倦怠感が取れない、ふらつきが酷いといった場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

重度ての貧血の場合、おなかの赤ちゃんにもママにも危険が及びます。

 

病院では鉄剤の処方や、食事の指導などしっかり対策してくれるので、心配な場合は早めに相談しましょう!

 

最後に

ママと赤ちゃんの健康のために、しっかり貧血予防・対策をして、快適に過ごしたいですよね☆

上記の方法を色々試して、鉄分をしっかり補いましょう!