妊娠中にお腹が張ったときの対処法

妊娠中にお腹が張ったときの対処法

ふぉる

お腹が硬くなってる!?(  ;∀;)

妊娠中期に入って、初めてお腹の張りを感じました…(´Д`;)

人によって感じ方も違うと思いますが、私の場合はお腹が硬くなって、ギューッと痛む感じでしたね。

急に張ったりすると、結構不安に感じるものです。

今回は、そんなお腹の張りの対処法などをまとめていきます!

 

どんなときに張りやすい?

疲労が溜まっていたとき

特に安定期に入ると、体調も落ち着くので家事や仕事、運動なども行いやすいでしょう。

しかし、過度に動きすぎたり疲労が溜まるとお腹が張りやすくなります。

下腹部の重みや張りを感じた場合は、すぐに体を休めましょう。

 

体が冷えやストレスを感じたとき

体の冷えやストレスも、お腹の張りの原因となることがあります。

体を冷やさないように温かい物を飲んだり、しっかり着込んだり対策を。

ストレスも溜め込まないように、定期的に発散をしましょう。

 

性行為や乳首への刺激があったとき

基本的に、妊娠の経過に問題がなかったり、医師から安静指示などが出ていない場合は性行為自体に問題はありません。

しかし、性行為が原因でお腹が張ることもあるので、痛みや張りを感じた場合はすぐに中断し、様子を見ましょう。

 

また、乳首への刺激も子宮収縮を促す場合があり、お腹の張りにつながることがあります。

妊娠後期に乳首マッサージなどをしている場合も、張りを感じたら一度中断して、時間を空けてから再開しましょう。

 

便秘の時

食べ過ぎたときや、便秘の時もお腹に張りや苦しさを感じることがあります。

妊娠中は特に便秘になりやすいので、こまめな水分補給や、食物繊維の摂取を意識して行いましょう。

それでも改善しない場合は、産婦人科に相談してお薬を処方してもらうと安心です。

 

張ったときの対処法は?

楽な姿勢をとって安静にする

心配いらない張りですと、しばらく横になったり、楽な姿勢で座っていたら自然と張りは収まります。

また、胎動をいつもどおり感じられるかどうかも確認しましょう。

 

こんな時は病院へ

張りは妊娠中によく見られるマイナートラブルの一つ。

しかし、「切迫早産」や「常位胎盤早期剥離」等の異常な張りの可能性もあります。

以下の症状が見られる場合は、早めに産婦人科を受診しましょう。

 

  • 30分安静にしているのに張りが収まらない
  • 張りが規則的に起こる
  • 胎動がいつもより弱かったり、感じられない
  • 腹痛も伴う張り
  • 出血がある
  • 破水する

 

また、いつもと張りが違って感じたり、不安なことがある場合はまず産婦人科に連絡してみましょう。

 

最後に

心配のない張りか、何か異常を知らせる張りなのか…

自分では判断がなかなかつきませんよね。

妊娠中は、不安や心配事が付き物です。

そういう時は、早めに産婦人科へ相談するのが一番です☆彡

困ったことや悩みがあったら、健診より早くても受診するようにしましょう!