【出産に向けて】帝王切開とは?大まかな流れは?痛みはあるの?

【出産に向けて】帝王切開とは?大まかな流れは?痛みはあるの?

ふぉる

どんな出産になるかなぁ(。-`ω-)

出産の状況は人それぞれ。

出産に対する思いや流れなど、ママの数だけ様々なストーリーがあります( *´艸`)

 

そんな中でも、経膣分娩とは違い帝王切開という出産方法があります。

今回はそんな帝王切開についてご紹介していきます☆彡

 

帝王切開とは?

経膣分娩での出産ではリスクが高い場合、帝王切開で分娩が行われることがあります。

原因としては、逆子・多胎・前置胎盤・胎児機能不全など、様々です。

 

予定帝王切開

予定帝王切開は、前もって帝王切開で分娩することを決め、手術日を決めて行います。

手術日のタイミングは、母子の状態や帝王切開になった原因によっても異なります。

もっと詳しく知りたい方はこちら!

>>【出産に向けて】予定帝王切開の流れとは?どんな場合になるの?

 

緊急帝王切開

経膣分娩を予定していたにもかかわらず、赤ちゃんやママのトラブルで急遽帝王切開に切り替えることを、緊急帝王切開と言います。

原因としては、胎児機能不全や分娩停止など様々です。

もっと詳しく知りたい方はこちら!

>>【出産に向けて】緊急帝王切開の流れとは?どんな場合になるの?

 

帝王切開の大まかな流れ

状況や予定か緊急かによっても異なりますが、大まかな流れを紹介します!

  1. 胎児の心音確認
  2. 切開部分の剃毛や消毒を行う
  3. 下半身に局所麻酔を行う(場合によっては全身麻酔も)
  4. 麻酔が効いたのを確認後、腹部を切開
  5. 切開してから数分で赤ちゃんが生まれる
  6. その後、胎盤を取り出す
  7. 傷口を糸、または医療用ステープラーでふさぐ

 

手術時間はおおよそ1時間ほどです。

 

帝王切開での痛み

帝王切開も大きな手術。

当たり前ですが麻酔を使用して行います。

しかし、陣痛や産むときの痛みは無くとも、帝王切開ならではの痛みも…

 

痛みの感じ方は人によって異なりますが、先輩ママの声で多く聞く痛みを紹介していきます。

 

手術中の痛み

体質によって麻酔が効きにくく、切開する時に痛みを感じたというケースも(;゚Д゚)

術中にあまりにも痛みが激しい場合は、周りのスタッフに相談をしてみましょう。

また、痛みではありませんが、赤ちゃんを取り出すときにお腹が引っ張られるような、変な感じがしたという声も多くあります。

 

局部麻酔だと意識はしっかりとしているので、その分痛みや感覚があるようですね…(; ・`д・´)

 

術後の痛み

帝王切開はおなかを切る手術なので、傷口の痛みももちろんあります。

麻酔がきれてくると、キリキリ・ジンジンと痛み出し、お腹に力を入れるのも難しいほど。

 

痛みが治まるまでは、周りの人に頼りながら体をいたわって過ごしましょう。

 

後陣痛の痛み

出産が終わると、大きくなっていた子宮が元の大きさに戻る子宮復古が起こります。

この時の子宮収縮の痛みを後陣痛と言います。

 

この痛みは経膣分娩でも帝王切開でも起こるので、産後は数日お腹の痛みが続くようです。

 

傷跡は残る?

お腹の傷は、女性にとっては気になるものですよね。

帝王切開には2種類の切り方があるので、それぞれご紹介します。

 

横切り

一般的には、横切りの方が傷跡は目立ちにくいと言われています。

しかし、赤ちゃんが生まれるまでの時間が縦切りよりも長く、手術時間が長くなるというデメリットもあります。

 

縦切り

上記とは逆に、縦切りは傷跡が横切りよりも目立ちやすいと言われています。

ですが、その分赤ちゃんを取り出しやすく、手術時間が短くて済みます。

 

 

上記のどちらの方法を選ぶかは、医師の判断と母子の状態によりますので、気になる方は確認してみてくださいね☆彡

 

帝王切開について:まとめ

帝王切開になるかどうかは、赤ちゃんやママの状態にもよります。

手術は不安な面もありますが、赤ちゃんに会えるのは変わりありません。

帝王切開になっても焦らないよう、しっかりと情報を確認しておきましょう!